言葉のセラピー
言葉のセラピー > コラム >

誰かのせいにするのをやめてみる

よく失敗した時なんかに誰かや何かのせいにしたくなることってあります。でもよく考えてみると理由はなんであれ、影響を受けてしまった自分に責任があることに気づきます。

私はゴルフが好きなのですが、一緒にプレーしている知人が超スロープレーだったりすると、自分のタイミングが狂ってきたりすることがありました。

それでミスすると、遅いプレーをしている知人を心のどこかで責めていた自分がいました。でもそんな自分が恥ずかしくなりました。

きっかけは何であれ、その知人のお陰で弱い自分が出てきてしまった。そういう意味では気付かせてくれてありがとう・・・なのかもしれません。

私は失敗した時に他人を責めるようりも自分を反省し、うまくいった時には逆に他人に感謝するような人間でいたいと思いました。

その方が本当は気持ちが楽だったりもするのかな、と。