言葉のセラピー
言葉のセラピー > コラム >

完璧な人を目指すほどに不満がたまってゆく仕組み

世の中には完璧のように見える人がいます。でもだからといって、自分もこうなりたい、ああしたい、こんなものも欲しい・・・と完璧を求めてゆくと、幸せになれるどころかその逆になってゆきます。

完璧を求めると、不満がたまってゆく・・・そういう仕組みになっているようです。

今の自分や自分が持っているもの、自分の環境、立場・・・そういったものに満足せず、もっとよいいいもの、今よりいいものばかりを求めてしまうと自然と不満がつのってゆきます。

でも逆に持っているもの、今の自分が置かれている環境に感謝すると、どんどん幸せを感じられるようになってゆきます。

持っているものに感謝すると幸せになり、
持っていないものに不満を感じると楽しくなくなる。

これを覚えておけば、人生が楽しくなるような気がしています。

あっそれから、完璧に見える人ですが、そういった人も完璧ではありません。完璧に見えるのは、自分が持っていないものを相手に探そうとしているからです。