言葉のセラピー
言葉のセラピー > 恋愛の悩み >

彼氏や彼女に嫉妬しない方法とは

彼氏や彼女の女友達や男友達に嫉妬したりしてしまうことってあるかもしれません。勿論、夫婦になってもそういうことはあると思います。

例えば、彼氏や彼女に嫉妬してしまうのは、本人からしてみればそれだけ相手のことを大切に思っている証拠だと思うでしょう。相手にもそんな風に説明してしまうかもしれません。

でも本当にそうでしょうか?

自分が大事か相手が大事か

勿論、嫉妬といっても限度があるとは思います。複数の人と関係を持っているとか、そういったことは明らかだとして、ちょっとしたことで嫉妬してしまうような場合の対処法について考えてみたいと思います。

例えば、彼氏や彼女が異性の友達と話しているだけでムッとしてしまうような時もあると思います。

そうなる気持ちも確かにわかるのですが、大事なのは相手の気持ちなのかなと思います。

本当に相手に愛情を持って接する場合、自分の気持ちは殆どゼロになるはずです。夫婦の愛などといいますが、その本当の姿は無償の愛ですね。自分の気持ちはゼロです。

恋愛ではそこまではいかなくても、ゼロに近い状態が本当に相手のことを思っているということになります。

嫉妬の場合、自分の気持ちはゼロではなくて、半分かそれ以上入っています。自分が彼女や彼氏が異性と話すのを嫌がっているのですから。彼女や彼氏ではなく。

相手への気持ちは伝わるもの

ですから、いくら相手に好きだと言っても大事だからといっても、自分の気持ちが半分以上の状態では相手にも愛情は伝わらないのではないかと思います。

自分が一々嫉妬するのが嫌になったら、相手のことを考えているかどうかを思い出してみるといいかもしれません。自分の気持ちが半分以上だったら・・・注意信号ですね。

半分以下にする方法を考えましょう。やり方は簡単。相手の立場になってあげることです。実践するのは難しいですけど、それも練習です。