言葉のセラピー
言葉のセラピー > 考え方 >

他人の批判に左右されない方法

世の中には他人の批判ばかりする人がいます。
もし、 自分が批判されたりした場合、嫌な気分になりますね。

人は他人から否定されたりするのがとても嫌なのです。だから、できれば他人のすることを批判するのはやめた方がよいです。それをすると嫌われるからです。

他人の意見に左右されない

十人十色といいますが、同じ日本人であっても色々なタイプの方がいます。同じ家族であっても、性格はばらばらだと思います。他人となれば、それはもう、意見など合う方が奇跡といえるのかもしれません。

だから、分かり合えた時って嬉しいものですね。

それだけ色々な考え方を持った人がいますから、自分のことをよしとしてくる人が半分いたとすれば、批判してくる人も当然ながら半分います。

人は皆認められたいと思うものですから誰かから批判されたりすると、それは違う!と反論したくなるものです。認めて欲しいのに、その逆をされたわけですから。

でもそんな時は思い出してください。批判する人がいれば、評価してくれる人もいる。ということを。批判されるということは、認められているという証拠でもあるのです。

人気歌手に自分がなったと思ってみてください。沢山の人から賞賛されます。でも必ずといって良いほど、批判する人がいます。でも人気歌手のあなたはそんな批判を気にしている暇があるでしょうか?

恐らくないでしょう。それよりも自分のことを応援してくれる人のために、できることをしようと思うと思います。

有名人という人たちは常に批判されます。必ず。でもそんなものに一々反応していたらキリがありません。だって、全ての人が同じ意見のことなどありえないのですから。

全ての人を満足させることなどできない

そう考えると、全ての人を満足させることなど無理ですし、それは無駄な努力ではないでしょうか。

必ず批判してくる人はいます。家族でも意見が違うことがあることを思い出してください。それが他人だったら・・・。

だから、私は全ての人にわかって欲しい・・・なんて思うことはありません。例えば、この記事であれば、読んでよかった・・・そういってくれる人がいればそれでよかったと思っています。全員に自分の意見を認めてもらおうなんて・・・それは無理な相談ですから。

ありがとうと言うと嫌なことが遠ざかる

批判されたり、嫌なことがあった時はついむかついてしまって、何だ!ふざけんな!とか言いたくなるかもしれません。

しかし、その言葉を言ってしまうと、また嫌なことが引き寄せられてしまいます。

そんな時は逆に「ありがとう」と嫌でもいいですから、言ってみてください。すると気持ちも少し楽になります。「ありがとう」というと、少し客観的になれます。「あぁそういう人もいるんだなぁ。」と。でもそれはその人の問題であり、あなたには関係のないことだと気づくでしょう。