言葉のセラピー
言葉のセラピー > うつ・ストレス >

お金をかけない5つの気分転換方法

さっと気分転換をしたい時ってありませんか?

嫌な気分になった時や、嫌なことがあった時、むかつくことを言われた時、非常識な人にイライラした時、仕事のストレスで一杯の時・・・などなど。

そういう時はお金と時間などがあれば、旅行にいったりして非日常に自分を置くと良いです。いつもの生活パターンから抜け出すと、今まで考えられなかったようなことが見えてきたり、リフレッシュした気分になれます。

でもお金がない、時間もない・・・という時でも大丈夫。ちょっとした工夫でリフレッシュできるようになります。

1.呼吸に意識を向ける

普段私達は自分がどのような呼吸をしているかなんて気にしていません。でも、呼吸というのは、私達の心理状態を非常によく反映しているものです。

例えば、ストレスでイライラしている時。こんな時は呼吸は浅く、速くなります。逆に自宅で好きな本を読みながらリラックスしている時。この時は呼吸は深く、ゆっくりになります。

ただ、面白いことに、呼吸を意識すると心理状態もコントロールできるようになるようです。

試しに、「ハッ、ハッ、ハッ、ハッ、ハッ、ハッ、ハッ、ハッ、ハッ、ハッ、」と浅くて速い呼吸をしてみてください。何だか落ち着かない気分になると思います。

今度は逆にゆっくり深く呼吸をしてみてください。体の力が抜けてゆくのが分かると思います。

呼吸を意識的に変えると、気分も上手に変えることができます

2.歩く

これは以前にも紹介しましたが、歩くことも簡単に出来る気分転換の1つです。

歩くとき、私達は一定のリズムを刻んでいます。右、左、右、左・・・という風に歩くわけですが、その一定のリズムを刻む運動がストレスを改善すると言われています

私は、考えが行き詰ると、歩くようにしています。歩くことで余計な雑念を打ち消すことができるように思えています。そして、本当に考えなければならないことに集中できたりします。

アイディアが浮かんでこないときなどは歩きながら考えたりするのもいいですね。

歩く時にも実はポイントがあります。それは、歩きなれた道を歩くことと、できればあまり人とぶつかることなどをあまり気にしなくて済むような道を歩くこと。

ですが、気分転換という意味ではどんな道でも効果はあると思います。できれば、静かなところ、自然が豊かなところなどを選ぶとさらに効果はアップすると思います。

3.瞑想をする

瞑想も簡単にできる気分転換方法の1つです。詳しい方法はここでは省略しますが、具体的には頭の中で考えていることや雑念を見つけて、それを後で考えよう・・・という風に処理してゆきます。

それが進んでゆくと頭の中がクリアになります。まさに最高の気分転換であるといえますね。

4.視線の位置を変える

同じことを考えている時、堂々巡りをしているような時って視線が一定だったりすることに気づくと思います。一点だけを見つめている時は、ボーっとしているのではなくて、何かを考えている時ですね。

そうやって同じところを見つめていると同じ考えがぐるぐると回りだしたりします。

ところが、視線をわざと別のモノなどに移してみると、その堂々巡りから解放されます。目をぐるぐる回したり、右や左に動かしてみるのも効果があります。

5.話を聞いてもらう

自分一人で考えている時などは同じ悩みをずっと考えてしまうものです。しかし、ちょっと他人に自分の話を聞いてもらうと、その悩みは大したことないものだったと気づくこともあります。