言葉のセラピー
言葉のセラピー > 友人関係の悩み >

友達が少ないという悩みには

以前に友達が少ないのは何故?友達を増やすにはという記事を紹介しました。でもそもそも私は友達は少なくてもいいのではないかとも思っています。

友達は多いほど良いと思う人もいるでしょう。でもなんでもプラスとマイナスがあるように友達が多い人はそれなりに悩みもあるものです。

うらやましく思う必要はない

友達が多い人は他人からうらやましがられたりすることもあります。でもそういう人に対して嫉妬したりする必要は全くないと思うのです。

友人が多いということは、それなりに人間関係のトラブルも増えるということを意味しています。中には批判を受けたり、悪口などなどのトラブルに悩まされてしまう人だっています。

本当は付き合いたくないことに出たりするわずらわしさだってあります。

友人が逆に少ない人はそういったわずらわしさやトラブルなども少なく、平和に暮らすことができます。

本当の友達とは

そもそも友達ってどういう人のことを言うのかと考えることがあります。本当の友達ってどんな人のことを言うのだろうか・・・と。

友人が多いといっても、それはただの知り合いにすぎなかったりします。ただの知り合いが多いほうがよいか、それとも本当の友と呼べる人がいたほうが良いか・・・なら私は知り合いは少なくても本当の友がいるほうをとります。

本当の友とは、ただの知り合いとは全く違います。

良い時も悪い時も自分の味方でいてくれる人、お互いに切磋琢磨できる人、この人に喜んでもらいたいと思える人・・・そういう人を本当の友と呼べるのではないかと思います。

そういう風にして考えてみると、本当の友達は多く持てないことがわかります。多いほうが不自然です。

だから、私は友達を多く持つよりも、お互い切磋琢磨できるような少ない本当の友達を持ちたいと思っています。