言葉のセラピー
言葉のセラピー > 悩み >

自分を許すために効く7つの言葉

自分のミスだったり、失言、恥をかいた経験などなど、自分を思わず責めてしまうようなことって誰にでもあるものです。

そんな時はこんな言葉を自分にかけてあげると気持ちが楽になれます。

1.ドンマイ

よくスポーツなのでチームメイトにかける言葉です。でもこれ、自分にかけてあげると気持ちもスッと楽になります。何かあっても「ドンマイ」ですよ。

2.まぁ、いいか

これも魔法のように効く言葉だと思っています。まぁいいか・・・これが口癖になった頃にはストレスに強くなっているはずです。まぁいいかと思えないから苦しむのですから。そこは無理にでも「まぁいいか」と言ってみることです。

すると面白いように効いてきます。

3.ありがとう

気づかせてくれてありがとう。学ばせてもらってありがとう。感謝はどんなときでもできます。そして、感謝をする度に私達は少しだけ心が温かくなってゆくようです

4.気にしない、気にしない

アニメの一休さんをご存知の方はいらっしゃるでしょうか。その一休さんが言っていたのが「気にしない、気にしない、一休み、一休み」という言葉。

私も時々自分にこの言葉をかけています。

5.これでOK

これでOKというのは、まぁいいかと組み合わせるととても効果があるようです。「まぁいいか。これでOK」といい続けてうつ病まで治してしまった人もいるほど強力です

6.大丈夫、大丈夫

大丈夫という言葉には不思議と人を安心させる効果があるようです。自分も安心させて上げてください。

7.そういうこともあるさ

人は完璧ではありません。だから、完璧ではない自分を責める必要は本当はどこにもないのです。

そんなこともあるさ。人間ですから。

自分を許すことって本当に大切なことなんじゃないかな・・・と私は思うようになりました。以前は私は自分に自分以上のものを求めていたり、できていない自分を情けないと思っていたりしました。

でもそんな風に自分を責めていた頃は何をやってもうまくいかなかったのです。

人は自分がそのままの自分でいる時に輝けるように出来ているのかもしれませんね