言葉のセラピー
言葉のセラピー > 悩み >

弱い自分を克服して強くなりたいなら

心の弱い自分が情けなくて、何とか克服したい。もっと強くなりたいと思ったことはありませんか?

ちょっとしたことで動じない自分になりたい、ささいなことで怖がったり、プレッシャーを感じる自分を変えたい・・・色々な人がいると思います。

でも意外なところに強くなる方法は隠されているようです。

人間は誰もが弱いもの

強くなりたいと思う前に知っておきたいことがあります。

それは人間であればみんなが弱いのが当たり前であるということです。怖くなったり、不安になったりすることは誰にでもあると思います。

その気持ちが逆に必要な場面だって実はあります。ただ、怖がり過ぎていたり、不安になりすぎてしまうと自分で自分の首をしめることになりますから、それは何とかした方がよいと思います。

じゃあ何をするかというと、強くなろうとする前に、弱い自分を認めてしまうことです。

えっ?と思われた方もいるかもしれません。弱い自分を認めるなんて、とてもできないとそう思うかもしれません。

でも強がっていると、余計恐怖感が増してくることがあります。でも先ほど書いたように人間は皆弱い生き物です。誰もが怖いときはあるし、不安になるときだってあります。

ですが、それに逆らって、強がろうとしてしまうと、余計怖くなります。

認めてしまう

そんな時は思い切って認めてしまいましょう。怖いなぁ、不安だなぁ・・・と。それでいいんです。それが当たり前です。

怖がりなところを認めてしまうということは、自分が自分であることを認めることに通じます。あるがままを認める、受け入れるということですね。

強がることはその逆です。

自分を否定して、強くなれるでしょうか?恐らくなれません。弱い自分でもいい。怖い時だってある。そういう風に自分を許せる人は案外強くなれたりします。

吹っ切れるからです。無理をして、強がる必要がなくなります。もう隠すものも何もありません。自分のまま。すると逆に力が出るようになります。

精神的にも弱いと思っていた自分が強くなれるのは、そんな風に自分自身を認めてあげることができた瞬間なのかもしれませんね。

自分自身を否定し続けていては、何もうまくいきません。