言葉のセラピー
言葉のセラピー > 人間関係の悩み >

初対面の人や仲良くない人と打ち解ける方法

初めて会った人であったり、まだそんなに話をしたことがない人、そこまで仲が良くないような人と話すのが苦手です・・・という方も沢山いらっしゃると思うんです。

初対面の人だと何を話していいかわからないとか、会話をしてみるものの続かない・・・という経験はありませんか。

しかし、やり方次第では案外簡単に人と打ち解けることができるかも・・・しれませんん。

自分と相手との共通点を見つける

よく聞き上手なんて言葉がありますが、聞き上手な人は初対面の人など人と打ち解けるのが上手な人だと思うんです。

何故かというと、相手の話を聞いているうちに自分と相手との共通点を見つけることができるからだと思うんですね。

人と打ち解けるというのはどういうことかというと、相手と自分が同じものを持っていると感じることではないかと思うんです。それは例えば、趣味なんかでもいいですし、考え方、思い込み、悩み、仕事・・・なんでもいいですが、「あ、この人、自分と同じだ」と思った時に、相手と打ち解けられたと感じるものではないでしょうか?

だから、人と打ち解けるために必要なことは、相手の話を聞くこと、そして、自分と相手との共通点をなんでもいいので見つけること。見つけるまであれこれ聞くことです。すると必ず1つや2つは出てきます。

そうやって何かを共有できたとき、共感できた時にお互いに興味関心を持てるのだと思うんです。会話って相手に興味や関心を持てないと続かないものではないでしょうか?

だとしたら、まずどうやって相手に関心も持つか、そして、自分に関心を持ってもらうか・・・ということが大切になってくると思うんです。その関心というのは、やはり自分にもあって、相手にもある共通点から来ると思うんですね。

つい、自分が興味があることを話してしまうことがありますが、これでは打ち解けられない。それはそこに共通点がないから・・・だと思うんです。

自分の心を閉ざしていては相手とはわかりあえない

初対面の人とはうまく会話できないし、初対面ではない人でも、なかなか親しい関係にはなれません・・・と悩んでいた方がいました。

彼の話を聞いていると、相手と仲良くなりたいとは思っているけれども、自分の心は閉ざしたままのように感じました。

自分の心を開いていなければ、相手から心を開いてくれることはありません。自分から本音を口にしなければ、相手の本音を聞くことはできないし、自分から悩みを打ち明けなければ相手もあなたに真剣に相談したいとは思わないと思うんです。

面白いもので、自分が心を開けば相手も心を開いてくれるようです。なんでも、自分からまず与えることから始まるような気がします。

でも誰にでも心を開きましょうと言っているわけではありません。自分から心を開きたくないのに、無理に人と打ち解けようとしてもそれは難しいのかもしれません。今は、人と親しく付き合う時期ではなくて、自分と向き合う時期なのかもしれません。

長い人生ですから、そういうことがあってもいいと思うんです。

心を開きたくなかったり、人と打ち解けたいと思っていても、内心はそうは感じていない時もあるかもしれません。そんな時は、あえて、自分と向き合ってみるのもいいのかもしれません。

そこに心を開けない理由が必ず存在すると思うんです。無理に心を開くよりも、その理由を自分なりに考えてみることの方が大切な時期もあると思います。