言葉のセラピー
言葉のセラピー > 名言から学ぶ >

上杉家(謙信)の家訓

時に戦国を生き抜いてきた武将達の生き様は現代の私達を感動させることがあります。

下記は上杉謙信の家訓ですが、参考になることも多いかと思いますので、ここに記しておきます。(参考:商売心得 松下幸之助 PHP文庫)

上杉家の家訓

心に物なき時は心広く、体やすらかなり。
心に慢心なき時は愛敬失わず。
心に欲なき時は義理を行ふ。
心に私なき時は疑ふことなし。
心に驕(おご)りなき時は人を敬ふ。
心に誤りなき時は人を畏れず。
心に邪見なき時は人を育つる。
心に貪りなき時は人にへつらふことなし。
心に怒りなき時は言葉柔らかなり。
心に堪忍ある時は事を調ふ。
心に曇りなき時は心静かなり。
心に勇ある時は悔やむことなし。
心賤(いや)しからざる時は願ひ好まず。
心に孝行ある時は忠節厚し。
心に自慢なき時は人の善を知る。
心に迷ひなき時は人をとがめず。