言葉のセラピー
言葉のセラピー > 怒り・イライラ >

迷惑な人にうんざりしたら

世の中には色々な人がいます。中には迷惑な人もいるものです。でもそんな人に一々イライラする自分も嫌になったりする。

そんな時、私は思い出したいと思っていることがあります。

自分の基準でしか相手をみていない

人間関係のトラブルや悩みなどが起こる理由は、自分の基準で相手を見てそして判断しているからではないかな・・・と思います

自分がこれは迷惑な話だ・・・と思ったことであっても、他人からしてみれば親切でやっていることだったりもします。

そこでイライラしてしまう原因は、自分はこうしているのに、相手はそれができていない・・・という気持ちが隠れているからだと思うんです。

つまり、自分の基準で相手を判断しているからイライラしてしまう。でも本当は相手にも相手の基準があって、それで動いているわけです。

だから、自分の基準で人を判断することをやめて、違っていることを当たり前だと思うようにすると小さなことでは悩まなくなります

誰もが気づかぬままに

とは言っても知らぬまに誰かに迷惑をかけていることだってあると思います。気づかないところで、誰かが自分のやっていることで不快に感じていることだってあります。

だから、迷惑だなぁ・・・と思ったとしたら、その時は、自分も知らぬ間に迷惑をかけていたのではないか・・・と私はそう思うようにしてみました

すると、ちょっとしたことではそういう人(私が迷惑な人だと感じていた人)にイライラしたり頭にきたりすることが少なくなったのです。

そんな時は「おたがいさま」と自分の心の中で言うようにしています。するとすっきりする。これが面白いように効くのです。

誰にも迷惑をかけていないという誤解

こんな私でも他人に対してとても批判的だった頃があります。他人のちょっとしたことが迷惑だと思ったり、なんて自分勝手な人だとか、常識のない奴だ・・・という風に他人のことを批判していました。

それは自分が誰にも迷惑をかけていない、自分は常識がある、自分はちゃんとやっている・・・という気持ちがどこかにあったからです。

でもよく考えてみたらそんなことはあり得ないことに気づきました。

子供の頃は親に相当迷惑をかけてきました。今でも何気なく車で走っていて、知らぬ間に通行人の人に水をかけてしまったり、排気ガスを吸わせてしまったりすることだってあります。

そうやって1つ1つ見てゆくと、自分は人様に迷惑をかけなければ生きてゆけないことに気づきました。

勿論、迷惑をかけることがいいというわけではありません。

でも人は他人に迷惑をかけてしか生きられないと思っていると、他人のことに対してももっと寛大になれるし、許せるようになれるのではないかと思っています。