言葉のセラピー
言葉のセラピー > 怒り・イライラ >

むかつく人にキレないための方法

むかつく人にイライラしたことはありませんか?思わず、怒鳴りそうになったり、キレそうになったり・・・。でも他人相手にキレていては社会人としてつとまりません。

イライラしたりすると自分が疲れます。だから、みんな怒らないで済む方法だったり、イライラをコントロールする方法を探したりするのです。

後で考えよう

怒りをコントロールするのに効果的な方法は、時間を有効に活用することです。というのは、怒りというのは時間と深い関係があるからです。

怒りの感情というのは実は放っておけばそれほど続くものではありません。ですから、むかっときたら、少し時間を置くことで怒りの感情もおさまってきます。

何であんなに怒っていたんだろう・・・と後になって思うことってあると思いますが、あれは時間が経って怒りの感情が薄れたからです。

むかついたら10秒数える・・・というのも、良い方法だと思います。それだけで、キレたりしてしまう自分を予防できます。

もう1つ有効な対策方法があります。それが「後で考えよう」と思うことです。後回しにしよう・・・ということですね。

「なんだあの人は!・・・でもそんな人のために今時間を使うのは勿体無いな、後で考えよう。今するべきなのは・・・」

というのが使い方の例です。先ほども書きましたが、怒りは時間と共に薄れていきます。後で考えたら、大したことなかった・・・あれは小さなことだったな・・・と思えるようになると思います。

人の振り見て我が振り直せ

世の中には自分をイライラさせる人はいくらでもいます。でもそれで一々怒っていたのでは体が持ちませんし、毎日が台無しです。

そうではなくて、そういった人に出会ったらこれは何かのサインだと思うのも1つの方法だと思うんです。

「人の振り見て我が振り直せ」といいますが、イライラさせる人に出会った時というのはまさにそれを実践するチャンスなのだと思います。

どのようなことがあっても、イライラの原因というのは自分の中にあります。本当はイライラさせる人がいるわけではなくて、イライラする自分がいるだけなのかもしれません。