言葉のセラピー
言葉のセラピー > 怒り・イライラ >

周りのことを考えず人に迷惑をかける人にイライラする

他人のちょとした行動や言動などにイライラして困っています・・・という方がいらっしゃいました。彼女は他人の空気を読まないと言うか、周りの人のことを考えない行動や言動に腹が立って仕方がないと言うのです。

例えば、車を運転していて、ウインカーを出さずに曲がろうとした車。自分が後ろにいるのに、「他人のことを考えて運転しろ!」っと思わず言ってしまう。

道をふさぐようにして立ち話している学生達や子連れのママ友連中。「通行人のことを考えろバカ!」と心の中で思ってしまう。

「なんでこう、空気が読めないんだ!」と。自分勝手な人ばかりで、他人のことを考えられないと言うか、迷惑をかけているのがわからないの!とイライラする。

でもそんな自分にも疲れてきたそうです。そう、イライラすると、自分が疲れるし、損をするんです。

彼女が許せないのは自分自身だった

そんな風にその場の空気や周りにいる人達のことを考えられない人、他人に平気で迷惑をかける人が許せない彼女。

でも、本当に許せていなかったのは、自分が他人に迷惑をかける・・・ということではなかったでしょうか

自分が他人に迷惑をかけるというのが許せなくて、他人に迷惑をかけないように邪魔にならないように一生懸命生きてきたのが彼女だったようなのです。

だから、平気な顔をして他人に迷惑をかけているように見える人は、許せないし、腹が立つ。それは自分を許していなかったからだと思うんです。

事情が分かると、イライラが消えてゆく

一見自分にとっては迷惑をかけているように見える人にも何かしらの事情があるかもしれません。でも相手の事情というのはなかなか分からないし、伝わってこないものです。

だから、見ただけで相手を裁こうとしてしまう。

例えば、レストランで泣き叫ぶ子供を注意しないお母さんがいたとします。

そんな相手に苛立ちます。でも、そのお母さんは子供の頃に親に捨てられて、児童養護施設で育ったとしたら・・・。親に注意されたこともないので、自分も注意しないとしたら。

例えば、前を歩いている人がトロトロ歩いていて苛立ったとします。でも実はその前に足の悪いおばあちゃんが一生懸命歩いていたとしたら・・。

例えば、自転車を猛スピードで飛ばす人がいて危ないなと思ったとします。でも実はその人は親が危篤で病院に急いでいたとしたら・・・。

という風に事情があることがわかると、イライラしなくなるようです。

ですから、何か事情があるのだろうな・・・と察してあげることは自分がイライラしないためには必要なことかもしれません。それは想像で構わないと思うんです

でもそういう風に事情があるのだろうと考えるだけで、気分が少し楽になります。

迷惑をかけないと生きていけないのが人間?

人様に迷惑をかけないと生きていけないのが人間・・・そういう考え方もあります。

他人に迷惑をかけてはいけないと強く思っている人の中には、そういう風に教えられて育った方もいると思うんです。親御さんが厳しかった方などはそういう方が多いのかもしれません。

しかし、大人になっても「迷惑をかけちゃだめだ」と思って生きていると、とても生きずらい世の中になるのではないでしょうか?それがイライラの原因になっているのなら、尚更です。

勿論、人のことを気遣うのは良いことだと思うんです。でも、迷惑をかけてはいけないと自分自身をその考え方で縛ってしまうと、自分が苦しくなります

大人になった今、その考え方を少し変えてあげてもいいのかもしれません。どこかでその考え方を身に付けたと思うんです。それは親御さんからの教えであったり、教育の現場で得たものだったり、友人関係の中だったり・・・。

でも、それは身に付けた考え方であり、生まれ持ったものではありませんから、捨てることもできると思うんです。

人は生まれてくる時、必ず多くの人に迷惑をかけて生まれてきます。1人の力では生まれてくることはできません。まず、母親に多大な迷惑をかけます。出産の時は、病院の人にも迷惑をかけます。

生まれてからも、一人では何もできないので、家族に迷惑をかけ続けます。

大人になりました。でも迷惑をかけないなんてことはないと思うんです。迷惑を辞書で調べると、「ある行為がもとで、他の人が不利益を受けたり、不快を感じたりすること」とあります。

自分が何気なく言った一言が他人をひどく傷つけることって実は気づいていないだけでよくあることだと思うんです。やっぱり迷惑はかけているんだと思います。または言っていなくても、自分の態度が他人を知らず知らずの間に不快にしてしまうこともあります。

自分は良かれと思って言ったことややったことが、他人を不快にすることもあります。気づいていないだけで。

人はどうやったとしても、迷惑をかけないでなんで生きていけないのかもしれません。勿論、できるだけ迷惑をかけなければ、それに越したことはないのだと思います。

でも、時には迷惑をかけることも自分だってある・・・ということを認めてしまえば、「人に迷惑をかけてはいけない」という考え方が少しだけ捨てられるのかもしれません。

そしたら、「人に迷惑をかけてはいけない」という考え方から、迷惑をどうしてもかけてしまうのが人間ならば、「感謝して生きてゆこう」という考え方に変えてみようかな、と・・・もしかしたら思うかもしれません。

そうなったら、他人にイライラして生きる苦しい毎日から抜け出せるのかもしれませんね。