言葉のセラピー
言葉のセラピー > 悩み >

小さな悩みで落ち込んだりしない2つの方法

私は以前はよく小さなことでよく悩んだりしていました。今考えても何であんなことで?ということがよくあります。

他人のことで悩んだり、自分が情けなくなったり・・・。でもそんなことは時間を置いて客観的に考えてみると案外小さなことだなぁ・・・と思うことがよくありました。

ただ、悩んでいるその時はそんな風には考えていないわけで。その時はもうその悩みのことばかりを考えていたりします。

だから、疲れてくるし、頭の中で考えることって何でしょう、こう膨らんでゆくというか、どんどんマイナスの方向に向かってゆくものです。

何を心配しているのか?

そうやって悩んでいる時は、恐らく自分の思い通りにならないことを何とかしようとしている時ではないかと思います。

思い通りにならないことを何とかしようとするから、悩むわけですね。

ですから、思い通りにしようとしないこと・・・それこそが小さな悩みで落ち込まない最善の方法なのかもしれません。こうしたい、ああしない、こうあるべきだという風に考えていると、思い通りにいかないことばかりになります。

なので、こうだったらいいけど、駄目でも仕方ないなぁ・・と考えるようにする。すると不思議ですが、悩みが勝手に少なくなってゆくように思います。

これが最後の日だと思う

もう1つの方法。それは今日が最後の日だと思って生きることなのかもしれません。長い人生だと思っているから、小さいことに気が行ってしまう。でも、今日で終わりだと思ったらもっと他のことをしたいと思うと思います。

でも人生って本当はそういうものなのかもしれません。

終わってみたら、あっという間だった・・・なんてことは沢山ありますから。終わってから、ああしておけばよかった、こうしておけばよかった・・・なんて考えてしまう。

そうやって後悔しないための方法は、今この瞬間が最後だと思って生きることだと思います。