言葉のセラピー
言葉のセラピー > 悩み >

嫌なことや悩みが頭から離れない時は

毎日気がつくと同じようなことで悩んでいる・・なんてことが私にもありました。同じことばかりもう堂々巡りのようにして悩んでいたわけです。

でも悩んでも悩んでも答えはでませんでした。それどころか悩むほどに、さらに悩みは深くなってしまう始末。

もしかしたら、自分の頭の中でその悩みを大きくしていたのかもしれません。本当はもっと小さな問題だったかも知れないのに。

ただ、ふとした瞬間にその悩みから抜け出せることがあります。

今から考えると、そういう時は、考え方が変わったときや今までとは別の考え方に出会ったり、何か新しいことをはじめた時・・・です。つまり日常の中で何かが変わった時に悩みから抜け出せることがあります。

日常を変えること

日常で何かが変わる。これは例えば、新しいことにチャレンジしはじめたり、今まで読まなかったような本を読んでみたり、休日の過ごし方を変えてみたり、起きる時間を変えたり・・・そういうことになります。

そうやって普段の自分とは別のことをしてみると、今までの悩みからふと抜け出せることがあります

それまではいつも同じことをしていたので、考え方もずっと一緒のまま悩んでいたわけです。それではいつまで経っても悩みからは抜け出せないし、同じことでずっと悩み続けているわけですから、それが頭から離れないわけです。

過去を変えることも

もう1つ頭から離れない嫌なことだったり、悩みから解放される方法があるとすれば、それは過去を変えることです。

過去を変えるといっても、実際にあった出来事を変えることはできません。変えるのは「解釈」の方です。

具体的には、あの出来事があったから、今幸せなんだ・・・と思うこと。勿論、すぐにそんな風には考えられませんね。ですから、少し工夫も必要だと思います。

嫌なことがあった時に、それについて不満を言ったり、文句を言っていたりすると、また同じような状況を引き寄せることになります。

ですから、そこは嫌でも解釈を変えること。あの出来事があったから、成長できた・・とか、学ぶことができた・・とか、今こうして幸せを実感できるのはあの嫌なことがあったからだ・・と思うことができると、心は一気に楽になるはずです。