言葉のセラピー
言葉のセラピー > うつ・ストレス >

落ち込まない自分になる

何かあると気分が落ち込んでしまって立ち直るのに時間がかかることってありませんか?あの時の嫌な気分っていったら・・・。何もやる気が起きなかったり、自分を責めたり、悲しくなったり・・・。

ただ、あることをするともうちょっとしたことでは落ち込まなくて済むようになるようです。

他人の評価を気にしない

何か人に褒められたり、認められたりすると誰でも嬉しいものです。また、認められたいとやる気になったりします。

でもそれが行き過ぎてしまうと、自分を見失います。認められること、褒められることが目標になってしまうためです。

それに、もし評価されなかったり、自分の思い通りにならなかった時にひどく落ち込みます。それは認められなければならないと思っているためです。

しかし、もし自分をしっかりと持っていて、自分の価値観で生きてゆくことができたら、他人にどう思われても、自分が良しとする生き方ができます。

そういう風に自分をしっかり持つと、ちょっとしたことでは落ち込まない自分になれるようです。それに、いくら他人から評価されたといっても、余計に喜んだり、天狗になったりすることもなくなります。

落ち込まない人って自分をしっかりと持てている人なのかもしれません。

自分を持つということ

ただ、自分を持つということは、他人を無視して自分がやりたいようにやる・・・ということではないように思います。

自分を持つということは、他人と自分の違いを認めるということなのかもしれません。人は人、自分は自分・・・そう思うことだと思います。

それは他人を尊重していることにもなると思いますし、自分も同時に大切にしていることにもなるのではないでしょうか。