言葉のセラピー
言葉のセラピー > 名言から学ぶ >

武豊の名言「向上心について」

天才といわれたジョッキー武豊さんは

「何勝したらいいとか、勝っていないから調子が悪いんじゃないかとか、そういう感覚はなくなりましたね。

かりに三、四勝できた日でも、自分のミスで負けたレースがあればそっちの方が気になるし、逆にひとつも勝てない日でも、ミスをしたレースがなければにこやかな気持ちでいられる」(武豊)

と語っています。結果を求めるのではなく、プロセス(過程)を大事にする姿勢が伝わってきます。これは野球の桑田真澄さんとも考え方が似ていますね。

結果を追い求めることも時には大切ですが、もっと大事なものはそこにいたるまでの過程だと私も思います。

武豊さんはこんな名言も残しています。

「昨日のボクより上手に乗れるようになっていたい。」(武豊)

どこまでも向上心を忘れない姿勢。素晴らしいですね。そうやって、向上することを楽しむ姿勢でいると、毎日はどんどん楽しくなります。

人間は向上することを喜ぶようにできているようです。それをうまく利用すれば、もっと楽しい人生になるのかも・・・しれませんね。